[上海 19日 ロイター] - 中国共産党の機関紙、人民日報は19日付の海外版で専門家の話として、人民元は下落基調に入ってはいないが、最近のドル高を受けて短期的には売り圧力が継続するとの見解を示した。

中長期的には上下に振れながらも基本的に安定的に推移し、下落基調となる可能性は低いとした。

また、元は中国経済の安定化の兆しに支えられていると説明。国際通貨基金(IMF)の特別引き出し権(SDR)構成通貨に採用されたことで、海外からの投資が元の下支えになるとの見方を示した。