[北京 19日 ロイター] - 中国政府は、非鉄金属産業に関する5カ年計画の一環として同産業の拡大を制限し、継続的な再編を促して、2020年までに確認埋蔵鉱量を押し上げる方針を示した。

18日夜に工業情報化省(MIIT)が発表した声明によると、銅、アルミニウム、亜鉛、鉛セクターで新たな生産能力の拡大が抑制される。

2020年までに銅の埋蔵量は800万トン、ボーキサイトは6億トン、亜鉛は3000万トン、鉛は2000万トンの拡大を目指す。