[東京 19日 ロイター] - 菅義偉官房長官は19日午前の会見で、臨時国会で審議中の環太平洋連携協定(TPP)承認案・関連法案について、「政府として強行採決することは全く考えてない」と語った。

山本有二農林水産相が18日、強行採決の可能性に言及したことに関連して述べたもの。

共同通信などによると、山本農相は18日、東京都内で行われた佐藤勉衆院議院運営委員長の会合で「(TPP法案を)強行採決するかどうかは佐藤氏が決める」と発言。この発言に対して、野党だけでなく与党内からも問題視する声が出ている。

菅官房長官は山本農相の発言の趣旨について「国会のことは国会で決めるという思いの中で発言されたものだ」と説明する一方、「誤解を生じさせるような発言は厳に慎むよう、厳重に注意した」ことを明らかにした。

(石田仁志)