[ロンドン 19日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)のアンディ・ハルデーン理事は19日、中銀が実施している4350億ポンド(5340億ドル)の国債買い入れプログラムについて、国内で約3000億ポンドの消費喚起効果が得られる可能性があるとの見方を示した。

また、買い入れにより中銀は2018年までに発行済みの英国債の約3分1を保有している可能性があるとの見方も示した。