[台北 22日 ロイター] - 台湾経済部が22日発表した8月の輸出受注は前年同月比8.3%増加した。増加は1年5カ月ぶり。ロイターがまとめた予想は0.99%増だった。

米アップルの新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)7」や他のハイテク製品の受注を背景に増加に転じた。

7月は3.4%減だった。

地域別では、中国からの受注が12.8%増、米国からは15.1%増、欧州からは5.6%増となった。日本からの受注は9.5%減少した。