[国連 22日 ロイター] - 韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相は22日、北朝鮮が核実験やミサイル実験を通じて、国連と安全保障理事会を「完全に軽視している」とし、北朝鮮の国連加盟国としての資格を見直す時期が来ているとの見解を示した。

外相は国連総会で演説し、「安保理の決議と国際的な規範に対する北朝鮮の度重なる違反と不履行は前例がない」と指摘。「北朝鮮が平和を愛する国連の加盟国としての資格を有するかどうか真剣に考えるべきだ」と述べた。

また、北朝鮮は核とミサイルの能力を向上させただけでなく、先制的に兵器を使用する可能性を警告したとし、同国の核開発に歯止めをかける「最後の機会」だと述べた。