[ソウル 4日 ロイター] - 野心に燃えたパパラッチ2人組が、ソウルの高級街、江南地区で行われた2つの結婚式に張り込んだ。しかし、彼らは有名人を探していたわけではない。標的は、韓国が施行した厳しい腐敗防止法に抵触しかねない贈り物を受け取る役人たちだ。

食事接待や贈り物を受ける上限額を定めた同法では、公務員や国営企業社員、教師、ジャーナリストなど約400万人が直接の対象になると見込まれている。

違反行為の通報者に対しては2億ウォン(約1845万円)以下の報奨金を与えるため、接待や贈答の根強い伝統がある韓国では、高級レストランや豪華な結婚式を狙って、カメラを振りかざし、領収書をあさる自警団活動が盛況となっている。

結婚式に張り込んだ前述の2人を含め、こうした自警団員の一部は「公益申告総括本部」と自称する学校でスパイ術の訓練を受けている。

「金持ちと同時に愛国者にもなれる」と同校校長のムン・ソンオクさんは、隠し撮りのコツなどを教えた最近の授業で生徒に語った。

「レストランのゴミ箱の中からクレジットカードの領収書を拾うことができる。証拠を得る必要がある」。ソウル裁判所で反汚職法についての冊子を配ったムンさんは、その近くのオフィスで行った授業でそう述べた。

<3−5−10のルール>

国際的な非営利組織トランスペアレンシー・インターナショナルがまとめた2015年の世界腐敗認識指数によると、韓国は経済協力開発機構(OECD)に加盟する34カ国中27位だった。

腐敗防止法が先月28日に施行されて以来、報道によれば、ゴルフコースの予約は落ち込み、結婚式に参加するゲスト数が減少する一方、病院ではお礼の贈り物についての警告文が表示されているという。また、食事の際に、韓国ではかつてほとんど見られなかった「割り勘」をするグループも出てきている。

消費や娯楽関連企業は、この法律で最大11兆6000億ウォンの損失を被る可能性がある、と韓国経済研究院は6月に予想した。

公務員などを対象に同法が定めた食事接待の上限は3万ウォン、贈り物は5万ウォン、伝統的に封筒に包まれて受け取る慶弔費は10万ウォンとなっており、今や「3−5−10ルール」として知られている。

違反者は罰金を支払う必要があるが、1回に100万ウォン超、年間で計300万ウォンを超える贈り物を受け取るなど、深刻な違反については刑事罰の対象になる。

経済界は、早急な対応を余儀なくされている。チェボル(財閥)と呼ばれる韓国複合企業のロビー団体、韓国産業連合会(FKI)は先月8日、約400人の参加者を集め、企業役員がどう法律を順守すべきかについてセミナーを開いた。

<「ランパラッチ」>

韓国では、「パパラッチ」という言葉は、セレブを追いかけるカメラマンだけでなく、信号無視や吸殻のポイ捨てといった違反行為を通報し、報奨金を得る個人のことも指している。

発案した元最高裁裁判官の名前から「金英蘭(キムヨンラン)法」と呼ばれる今回の腐敗防止法は「ランパラッチ」という造語を生んだ。

ムンさんは、生徒に結婚式や葬式に潜り込む方法を探すよう教えている。「誰をターゲットにするか調べないといけない」とムンさんは言う。「上流階級のなかで、誰が葬式を催すのか、新聞のお悔やみ欄でチェックしなさい」

ムンさんの学校は「ランパラッチ」訓練の授業料はないが、隠しカメラ付きのペンや眼鏡といった道具を生徒に売っている。最近の授業には10人の生徒が参加していた。

その1人、46歳になるモンゴル出身の主婦は、マンションを購入できるほど十分な資金を得たいと言う。ただ、愛国心も1つの動機だと明言した。

<祝い花>

韓国の政府組織、国民権益委員会の当局者は、違反通報者が詳細な証拠を提供しなければならないと語る。

「通報者の誰もが、自らの署名入り文書を提出しなければならない。写真1枚だけでは立証は難しい」と匿名を条件に取材に応じた同当局者は述べた。

冒頭の生徒2人が張り込んだ結婚式は、結婚式では定番となっているお祝い花を展示していなかった。生徒の1人である60歳のSong Byung-sooさんは、それは先手を打った措置だと考えている。

「状況はすでに大きく変わった」。自動車部品会社で得る収入を補いたいが、一攫千金は期待していないというSongさんは語る。

「こんなことをすると誰かを必ず傷つけるので、ためらっていたが、訓練を受けた今、それは正しいことだと思う。ランパラッチによって、えこひいきや腐敗のない、きれいな社会に変えることができるのであれば、結局のところ、それは良いことだ」

(Ju-min Park記者 翻訳:高橋浩祐 編集:下郡美紀)