[ボゴタ/カラカス 10日 ロイター] - コロンビア政府と同国第2の左翼ゲリラ勢力である民族解放軍(ELN)は10日、正式な和平交渉を27日に開始すると発表した。

双方が署名した合意によると、交渉はベネズエラ政府の支援のもと、エクアドルで行われる。

コロンビアのサントス大統領は、「和平のチャンスを逃してはならない」と強調。ELNと交渉を進めることで、「和平を完全なものにする」と意欲を示した。

サントス大統領は先週、52年にわたるコロンビア内戦の終結に向けた取り組みを評価され、ノーベル平和賞を獲得。政府と同国最大の左翼ゲリラ組織、コロンビア革命軍(FARC)による和平合意は国民投票で否決されたが、同大統領は和平へ向け協議を続ける姿勢を示している。