[国連 10日 ロイター] - 北朝鮮が5度目かつ過去最大の核実験を強行したことを受け、国連安全保障理事会で北朝鮮に対する新たな制裁決議案が協議される中、「生活目的」での石炭輸出を北朝鮮に認める現在の国連制裁の抜け道をふさごうとする米国に対し、北朝鮮への人道支援は協議での優先事項だとして、中国が難色を示しているようだ。

中国の劉結一国連大使は8日、ロイターに「北朝鮮の人々の生活や人道的な必要性に影響を与えてはならない」とした上で、「緊張緩和に向けて取り組むよう各方面に促す必要がある」と語った。

国連安保理は3月、北朝鮮が1月に実施した4度目の核実験を受け、国連加盟国に北朝鮮からの石炭や鉄、鉄鉱石の輸入を禁止する新たな制裁を科した。だが、北朝鮮の核やミサイル開発と関係がない、「生活目的」の取引は例外的に認めた。

石炭は北朝鮮最大の輸出品で重要な外貨獲得手段。石油や食料品、機械製品などと取引される。

パワー米国連大使は9日、3月の制裁決議を含むこうした適用除外措置が北朝鮮に悪用されているようだと指摘。「新たな制裁に関する交渉では、こうした点の修正を図りたい」と、訪問中の韓国ソウルで記者団に述べた。