[ニューヨーク 11日 ロイター] - ロイター/イプソスが11日発表した米大統領選に向けた支持率調査によると、民主党候補のヒラリー・クリントン氏が共和党候補のドナルド・トランプ氏を8ポイントリードし、リードを前週の5ポイントから拡大した。

調査は10月9日夜に行われた両候補による第2回テレビ討論会の後に開始。全米50州で成人2386人を対象にオンラインで実施した。このうち1839人が討論会を視聴、有権者は1605人と想定されている。

調査の結果、10日時点でクリントン氏支持との回答は45%、トランプ氏は37%となった。

第2回討論会の直前に、トランプ氏が2005年に行った女性に関するわいせつな発言の録音テープが公開されたことを受け、討論会で説明を求められたトランプ氏は謝罪した。

調査では、共和党員の5人に1人がトランプ氏の女性蔑視発言は大統領にふさわしくないと回答した。