[ニューヨーク 11日 ロイター] - 内部告発サイト「ウィキリークス」が11日公表した電子メールによると、米大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン氏の陣営は、オバマ大統領のアジア戦略の要である環太平洋連携協定(TPP)に反対する立場を取ることについて、厳しい判断を迫られていたことが分かった。

ウィキリークスが明らかにしたのは、クリントン陣営の責任者、ジョン・ポデスタ氏がやり取りしたメール。米大統領選ではクリントン氏と共和党候補ドナルド・トランプ氏がともに貿易を主要テーマと位置づけており、TPPに反対する立場を取っている。

クリントン氏が反対の立場を表明したのは民主党予備選のさなかにあった2015年10月。自身が国務長官を務めた09─2013年にオバマ政権が打ち出したTPPについては、当初は支持をするかどうかについて発言を控えていた。

同氏のスピーチライター、ダン・シュベリーン氏は15年10月6日付のメールでクリントン氏の立場を示す声明の草案をアドバイザーなどに送っていた。

シュベリーン氏は「実に微妙な立場を取ることになる」と指摘。「かつて支持した協定に熱心に反対すれば冷笑を誘うことになるので、それは避けたい。利点とのバランスを考えると、欠点を強調し過ぎることも避けたい」とした。

このメールの翌日、クリントン陣営はアイオワ州での予備選中に声明を発表し、同氏は選挙戦で支持を得るために「非常に高い」ハードルを設定しており、TPPはそれを満たさなかったと表明した。

クリントン陣営は今回公表されたメールの真偽についてコメントを控えた。