[ワシントン 12日 ロイター] - 米国のラッセル国務次官補(東アジア・太平洋担当)は12日、フィリピンのドゥテルテ大統領の発言に当惑しているとし、米比同盟関係にどのような影響を及ぼすのかはまだ分からないと述べた。

同国務次官補は防衛担当記者との会合で、「安全保障、あるいは域内・世界規模での問題に直接結びつく課題で米国と協力するフィリピンの能力という点で、最終的にどう出るのかということへの答えは今のところない」と述べた。

そのうえで、米比同盟関係に何らかの変化があったとは認識していないとしながらも「(変化が)起こらないとは言っていない」と付け加えた。