[グラスゴー 13日 ロイター] - 英北部スコットランドのスタージョン行政府首相は、2度目となる独立の是非を問う住民投票を実施するための法案の草稿を来週にも公表する意向を示した。

英政府は欧州連合(EU)からの「ハードブレグジット(強硬な離脱)」を実現するためスコットランドの利益を無視していると批判、2019年までに住民投票を実施する構えを見せた。

自身が率いるスコットランド国民党(SNP)の大会で明らかにした。

スタージョン首相は、英国がEUから正式に離脱すると見込まれる2019年3月までに住民投票を実施できる体制を整えておくため、法案の整備を進めるとしている。