[マドリード 14日 ロイター] - スペイン国家統計局が発表した9月の消費者物価指数(CPI)前年同月比0.2%上昇し、2014年5月以来の高水準となった。ロイターがまとめた予想は0.3%上昇だった。8月は0.1%低下していた。

欧州連合(EU)基準のCPIは前年同月比横ばいで、2015年7月以来の高水準。ロイターがまとめた予想は0.1%上昇だった。8月は0.3%低下していた。

変動の激しい食品およびエネルギーの価格を除いたコアインフレ率は、前年同月比0.8%となり、8月の0.9%からやや鈍化した。