[ワシントン 17日 ロイター] - 米民主党のヒラリー・クリントン大統領候補が国務長官時代に私用電子メールを使用した問題で、国務省幹部がメールの一部を機密扱いから外すよう連邦捜査局(FBI)に圧力をかけていたことが分かった。

FBIが内部スタッフのインタビューの要旨を公開した。同問題に関し公表された4つ目の調査報告書となる。

それによると、あるFBI当局者は、国務省幹部のパトリック・ケネディー氏がクリントン氏のメールを機密扱いから外すよう重ねて「圧力をかけた」と述べた。

また国務省の法律顧問が機密扱いとするFBIの判断に疑問を呈したが、FBIは機密扱いを変更しなかったという。

報告書によると、ケネディー氏はクリントン氏を守るため、私用メールに機密情報ができるだけ含まれていないよう腐心していたようだ、とFBI当局者は指摘した。

対抗馬である共和党のドナルド・トランプ大統領候補はツイッターで、ケネディー氏の疑惑を「信じられない」と断じた。

共和党の複数議員はオバマ大統領に対し、ケネディー氏の責任を追及するとともに解任するよう求めている。