[モスル東部/バグダッド 17日 ロイター] - イラク軍は17日、過激派組織「イスラム国」(IS)が支配する北部モスルの奪還作戦を米国などの支援を受けて本格的に開始した。作戦にはクルド人部隊やイスラム教スンニ派の部族も参加している。

人口約150万人のモスルはISにとってイラクにおける最大拠点で、2年前から支配下に治めている。

東部の前線では、クルド人兵士らが村々を掌握しようと進攻し、ヘリコプターが展開しているほか、爆発音も鳴り響いている。

米国防総省は、初日の作戦は予定より順調に進んだと明らかにした。

米軍主導の空爆により、これまでに大部分の支配地域からISを後退させたが、市内には4000─8000人の戦闘員がいるとみられている。

アラブ系テレビ局はIS戦闘員らがモスルから脱出していると伝えたが、住民らは電話取材に対し、これを否定。ある男性は「ISは空からの探知を避けるためオートバイでパトロールしており、同乗者が双眼鏡でビルや通りをチェックしている」と話した。

住民らによると、攻撃から身を守る準備をしたり、食料を備蓄するなどしているという。