由来はもちろん、とお(10)ふ(2)の語呂合わせ。今日、10月2日は「豆腐の日」です。豆腐といえば言わずと知れた植物性たんぱく質食品の代表格。9種類のアミノ酸をはじめ、ビタミンB・E、オリゴ糖などを豊富に含んでいます。油揚げ、厚揚げ、がんもどき、焼き豆腐、高野豆腐、湯葉など、さまざまな加工品がありますが、健康食材として近年注目を集めているのは「おから」。食物繊維がたっぷり含まれているので便秘防止にいいのはもちろん、抗酸化作用が高いサポニンやレシチンという成分が、肥満予防、コレストロールの低下などに一役買ってくれます。食べるとほっとする味わいの、「おから」レシピをご紹介しましょう。

Cf68c482 909d 4ed1 84bc 291cb2756dea

甘さ控えめ、栄養&やさしさはたっぷり

しっとり、基本のおから

しっとり、基本のおから

だしをたっぷり含ませて、しっとりした感じに仕上げた王道のおから。パサパサした食べ物だと喉につかえてしまう高齢者の方にも。

合い挽き肉をプラスして食べごたえアップ!

挽き肉入りのボリュームおから

挽き肉入りのボリュームおから

おからの1/3量の合い挽き肉を加えることで、油分とうまみがプラスされて味わいもボリューム感もアップ。一度冷ますとより味が馴染みます。

ごま油で炒める一手間でコクを演出

割烹すずきの具だくさんおから

割烹すずきの具だくさんおから

ごま油で野菜を炒めてからだしで煮るのがうまみ&コクを出すポイント。具だくさんだから野菜だけでも満腹感があります。

根菜、きのこ類、こんにゃく、乾物など、具は冷蔵庫に残っている食材を自由にアレンジしてOK。いろいろな組み合わせを楽しみながら、「うちのおからはコレ!」と言えるような家庭の味を見つけていきましょう。