ツナ缶、コーン缶、ホタテ缶など、今やどこの家庭にも何かしらの缶詰が常備されていますが、今日が「缶詰の日」であることはあまり知られていないのでは? 調理済みの食品をアルミニウムや鉄製の缶に入れ、内側の空気を抜いて密閉・加熱した「缶詰」が日本に誕生したのは、1877年(明治10年)10月10日のこと。石狩川で獲れる豊富なサケを保存するために、北海道石狩市に「石狩缶詰所」が創業した日にちなんで決まりました。手軽でカンタンな缶詰メインのレシピをご紹介しましょう。

882e5fa0 814f 4b52 831a 052dc8be7e77

シンプルな材料でスピードカレー

サケ缶キャベツカレー

サケ缶キャベツカレー

ツナ缶&お好みの野菜で超カンタン!

ツナと野菜のオーブンマヨ焼き

ツナと野菜のオーブンマヨ焼き

ホタテ缶は汁ごと使って旨味たっぷり

トマトとほたて缶のとろとろ中華スープ

トマトとほたて缶のとろとろ中華スープ

コーンクリーム缶をベースにすればお手軽

つぶつぶコーンスープ

つぶつぶコーンスープ

あと一品欲しいときはもちろん、災害時の備蓄食品としても欠かせない缶詰。さまざまな缶詰レシピを覚えておくと、いざというときに役立つかもしれません。毎日の食卓にもどんどん取り入れてみてはいかがでしょうか。