自転車日本代表の強化指定選手が13日午後、合宿のため沖縄入りし、那覇空港で歓迎式が開かれた。合宿には選手や監督など13人が参加し、名護市を拠点に26日まで練習に励む。 選手を指導する浅田顕監督は「世界選手権やアジア選手権の目標に向けて、沖縄で合宿がスタートできることをありがたく思う」と感謝の言葉を述べた。 名護市の稲嶺進市長は「皆さんの目的が果たされる合宿になってほしい」と述べ、合宿が選手たちの成果につながるよう期待した。【琉球新報電子版】