気象情報などを参考に大気中のエーロゾル(微粒子)を予測するサイト「SPRINTARS(スプリンターズ)」は13日午後6時から14日午前0時まで、微小粒子状物質PM2.5の濃度が「非常に多い」とした。沖縄県大気汚染常時監視テレメータシステムの観測によると、沖縄市で同日午後6時から10時まで、1立方メートル当たり34〜54マイクログラムで推移した。