【本部】深海の「太い刀」登場—。国内では奄美地方から沖縄県の水深150メートル〜300メートルの深海に生息するオキナワオオタチの展示が7日から本部町の美ら海水族館で始まっている。オキナワオオタチはタチウオの一種だが最大約2メートルに成長する。うろこのない銀色の姿をしており、立ち泳ぎする。展示されているのは全長約1メートル10〜20センチの個体5匹。 2016年4月も捕獲した個体3匹を展示したが、状態が悪くなり1カ月以内で展示を終了した。同館は長期の飼育を目指し、生態解明につなげたい意向。飼育員の高岡博子さん(32)は「興味のある人は早めに見に来てほしい」と呼び掛けた。