昨季J1で2位の浦和とJ1、天皇杯全日本選手権を制した鹿島が対戦する富士ゼロックス・スーパーカップ(2月18日・日産スタジアム)の記者会見が13日、東京都内で行われ、浦和から遠藤、鹿島から伊東が出席し、意気込みを語った。
 昨年のチャンピオンシップ決勝では鹿島に敗れて、あと一歩のところでリーグ王者を逃しただけに、遠藤は「いきなり、鹿島に借りを返すチャンス。いい準備をしたい」と力を込めた。一方の伊東は「勝たなければいけない。今年はあらゆるタイトルを取りにいく」と抱負を述べた。
 シーズン幕開けを告げるゼロックス杯で、両クラブの対戦は初めて。会見に同席した村井チェアマンは「最強の2チームによる大会。昨季4試合で2勝2敗だった両チームが雌雄を決する」とアピールした。試合は午後1時35分開始、賞金総額5千万円。