埼玉県出身のバンド「スターダスト☆レビュー」が埼玉県歯科医師会とタッグを組み、歯磨きの大切さを子供たちに訴えたメッセージ曲「歯をみがこう!」を制作した。埼玉県内の小中学校や幼稚園にCDを無料配布し、子供たちの食後の歯磨きに役立ててもらうという。(川畑仁志)

                    ◇

 ボーカルとギター担当の根本要さん(59)と同会の島田篤会長(76)らが昨年暮れ、上田清司知事を表敬訪問し、制作経緯を説明した。

 根本さんは行田市出身で不動岡高校を卒業、兄が市内で歯科医院を経営していたことから同校OBの島田会長と知り合った。根本さんが「音楽を通して子供に役に立ちたい」と、ボランティアで歯磨きソングの制作を提案したという。

 子供たちが口ずさみながら、楽しく歯磨きができるようにするため、「朝昼晩 食べたら シャカシャカブクブク」などと覚えやすく親しみやすい歌詞をつけた。楽曲は平成24年に発売したシングル「Magic〜手をつなごう〜」で、都内の小学生らが歌い、スタレビが演奏している。

 CDは非売品で、県教育委員会を通じて、県内の小中学校、幼稚園などに配布。同会は給食後のほか、運動会など学校行事での活用も想定している。

 表敬訪問後、根本さんは「音楽は心を動かす。とにかく楽しく、お母さんやお父さんが率先して、一緒に磨くようになればいい」と期待を示し、島田会長は「まずは県内の子供たち、さらに全国にも発信したい」と抱負を話した。