■初の映像化 共感は必至

 環状8号線沿いの街に住む6人の女性たちのリアルで切ない恋愛と人生を描き、多くの女性から共感を得て話題となった畑野智美の連作小説『感情8号線』。フジテレビTWO ドラマ・アニメでは、この原作を基に初めて映像化し、1月15日から全6話を放送する(毎週日曜日23時30分〜24時)。

 荻窪、八幡山、千歳船橋、二子玉川、上野毛、田園調布。いずれも環状8号線沿い。直線距離では近いのに、電車では乗り換えが必要で遠回りになる。それぞれの街には、幸せの中にも言えない思いや、ドメスティックバイオレンス(DV)、不倫など、ままならない恋愛に揺れる女性らが住んでいる。なぜ自分だけがうまくいかないの?と他人と比べながら悩み、それでも前を向いて生きていきたいと願っている。

 6つの街に住む女性たちを演じるのは、川栄李奈(1話)、倉科カナ(2話)、貫地谷しほり(3話)、真飛聖(4話)、小野ゆり子(5話)、堀田茜(6話)。六人六様に、生い立ちも、住む場所も、抱えている悩みも違う彼女たちの揺れ動く心情に共感必至のドラマが始まる。

                   ◇

 第1話「荻窪 真希」   1月15日(日)

 第2話「八幡山 絵梨」    22日(日)

 第3話「千歳船橋 亜実」   29日(日)

 第4話「二子玉川 芙美」 2月 5日(日)

 第5話「上野毛 里奈」    12日(日)

 第6話「田園調布 麻夕」   19日(日)

  ※いずれも23:30〜24:00

                   ◇

 【お問い合わせ】フジテレビ有料チャンネルインフォメーションセンター(電)0570・088・818/IP電話は(電)03・5333・1521(10:00〜20:00)年中無休/http://otn.fujitv.co.jp