上空に入った寒気の影響で全国的に降雪が強まった14日、遅れが生じていた東海道新幹線名古屋−米原間でJR東海は速度規制を強化した。遅れは最大20分程度に拡大すると見込んでいる。

 14日朝から米原駅周辺で積雪が観測されたため、東海道新幹線は名古屋−新大阪間で速度を通常より落として運転している。

 JR東海によると、午前11時10分現在、上下線56本に最大21分の遅れが発生。東京駅着の上り線で10分程度、名古屋駅発の上り線で10分程度、新大阪駅着の下り線で15分程度の遅れが生じているという。これまでのところ、乗客約4万4千人に影響した。

 気象庁によると午前10時現在、滋賀県米原市で15センチの積雪が観測されている。