北陸新幹線の未着工区間(福井県・敦賀−大阪)をめぐり、滋賀県は23日、候補に挙がっている3ルートの建設費などの試算をまとめ、米原駅(同県)で東海道新幹線とつなぐ「米原ルート」が、建設費が安く、利用者数が最も多いことなどから、「最も整備効果が高い」と結論づけた。

 同県によると、米原ルートは建設区間が最も短く、費用も最小だった。

 年間利用者数は、大阪駅と北陸方面を結ぶ特急「サンダーバード」に加え、名古屋市や米原市、金沢市などを結ぶ特急「しらさぎ」の乗客も米原ルートに移行するため、同ルートが最多になるという。

 3ルートをめぐっては、滋賀県は米原ルート、福井県は同県小浜市から南下し京都を通る「JR西日本案」、京都府は府北部を通る「舞鶴経由案」をそれぞれ支持。国土交通省は10月末までに建設費や経済効果などの試算をまとめ、与党検討委員会が年内にも与党案を最終決定する方針。

 滋賀県の三日月大造知事は「米原ルートの優位性を覆す議論や効果があるのかということを提起しながら、私たちの主張を届けていきたい」と述べた。