和歌山県は23日、在京テレビ局から受けた取材内容を記載した内部資料を、県政記者クラブなどに所属する報道機関18社に誤ってファクス送信するミスがあったことを明らかにした。

 県広報課によると、内部資料には、今月下旬に別の担当課がテレビ局から取材を受けた内容や回答状況が記されていた。県では報道機関から取材を受けた場合、広報課に内容を報告していたという。

 同課は「誤送信でテレビ局や他の報道機関にも迷惑をかけ、大変申し訳ない」とコメントしている。