和歌山県田辺市龍神村柳瀬の山林でブルーシートに包まれた男性の遺体が見つかった事件で、和歌山県警田辺署捜査本部は13日、遺体の身元は同市龍神村安井の大工、場谷忠善(ばたに・ただよし)さん(50)と特定し、発表した。

 捜査本部によると、場谷さんは長女夫婦と暮らしていたが、昨年12月に行方が分からなくなった。場谷さんの携帯電話から長女に「連帯保証人になっており、他の場所に働きに出る。探さないでほしい」という趣旨のメールがあったという。

 遺体は特徴的な木製ブレスレットを着けており、県警が写真を公開。今月12日に知人から情報提供があり、捜査本部が歯型などを調べた結果、場谷さんと特定した。

 遺体は10日朝、道路脇の山林に遺棄されているのを清掃活動をしていた地元中学校の生徒らが発見した。背中の右肩付近には深さ約10センチの刺し傷があり、捜査本部は場谷さんが鋭利な刃物のようなもので殺害され、遺体を遺棄されたとみている。