大阪市西区の通称「松島新地」の料理店で女性従業員に売春相手を斡旋(あっせん)したとして、大阪府警西署などは13日、売春防止法違反容疑で、同区九条の料理店「恋心」経営、前田志津容疑者(55)ら女2人を逮捕したと発表した。「料理を出すことはありません」などと、いずれも容疑を認めている。

 逮捕容疑は、共謀し昨年11月6日と同25日の夜、店内で20代と30代の女性に対し、男性客2人を売春相手として引き合わせたとしている。

 同署によると、同店は少なくとも25年1月から料理店の許可を取って営業。20分1万円で10分増えるごとに5千円が加算されるシステムだった。同署はサービスを受けた帰りの男性客の話を端緒に捜査していた。

 松島新地には現在、約90店の料理店があるという。