「日本の滝百選」に選ばれている香美町村岡区の猿尾滝が、本格的な降雪で今年初めて雪化粧をした。

 猿尾滝は高さ60メートル(上段の落差39メートル、下段は21メートル)で、昭和43年に県文化財の名勝と国定公園の指定を受け、平成2年に「日本の滝百選」に選ばれ、毎年約10万人の観光客が訪れている。

 春から秋の猿尾滝は人気だが、冬の景色も“幽玄の世界”を見せて、観光客が大勢訪れる。今年の元日も雪化粧を期待したが、雪は滝つぼ周辺にあるだけで、訪れた人は残念がっていた。

 ここ数日の降雪で、猿尾滝はたっぷりの雪の中にあり、水墨画のような美しい景色を見せていた。