自民党の石破茂前地方創生担当相は23日、同党が総裁任期延長の議論を始めたことに関連し、石破氏自身が安倍晋三首相の「次」をうかがう有力候補と目されていることを念頭に、「『ポストナントカ』といわれる人間が(任期延長について)発言すれば、『自分の都合で言っているんだろう』といわれる」と指摘した。TBS番組の収録で語った。

 これまで「なぜ、(任期延長議論が)最優先事項なのか」と慎重発言をしてきた石破氏だが、「自分の都合」と受け止められないよう発言を控え始めた。

 また、「地域や職域の党員の意見を聞いて丁寧に議論した上で、決まったことには従うべきだ」と述べ、地方議員らの声を聞いた上で議論を進めるべきだとの考えを改めて示した。