世耕弘成経済産業相は23日、福井県の西川一誠知事と会談し、廃炉方針が事実上固まった高速増殖炉原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)について、「核燃料サイクルの推進には立地自治体の協力が必要だ。経産省が一歩前に出て地元対応に汗を流す」と述べ、政府の方針に理解を求めた。

 西川氏は会談で「一種の裏切り行為。地元を無視するような今回の対応は、原子力政策がうまくいかない原因になる」と政府の対応を批判。核燃料サイクルの推進に向け「十分な覚悟をもって、将来の展開を示してほしい」と求めた。

 これに先立ち、西川氏は自民党本部で二階俊博幹事長と会談。地元への説明が不十分だと不満を伝えた。西川氏によると、二階氏は「エネルギー原子力政策は、電力事業者と国、地元が信頼関係をもってやらないといけない」と応じたという。