安倍晋三首相は23日午前(日本時間同日夜)、訪問先のキューバの首都ハバナで行った記者会見で、憲法改正について「憲法改正は自民党の党是だ。国会が発議して最終的には国民投票で決まる。国民的な議論を深めていく必要がある。自民党の担当者には努力を深めていただきたい」と述べた。

 26日召集の臨時国会については「アベノミクス加速国会だ。経済最優先で取り組みたい」と強調し、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の承認案と関連法案の成立などに全力を挙げる考えを示した。首相が目指す国連安全保障理事会の改革に関しては「改革が急務だ」と指摘。5回目の核実験を強行した北朝鮮への対応については安保理の議論をリードする考えを改めて示した。