安倍晋三首相が今年最初の外遊先に選んだのがフィリピンだった。ドゥテルテ比大統領との首脳会談はこの半年で既に3度目。特に今回は外国首脳として初めてドゥテルテ氏の地元・南部ミンダナオ島ダバオを訪問し、ドゥテルテ氏も温かく迎えるなど両首脳の緊密さが際だった。

 首相は13日朝、昭恵夫人を伴ってダバオ市内のドゥテルテ氏の私邸を訪問し、ドゥテルテ氏らともち米を使ったフィリピンの菓子などに舌鼓を打ちながら歓談した。

 ドゥテルテ氏は前日の12日、マニラで開いた晩餐会で「日本は兄弟よりも近い友人。日本は他には類を見ない友人ということだ」と挨拶した。この発言通り、ドゥテルテ氏は13日、首相を自身の寝室にも案内したほどだった。

 個人的な関係を強化したいとの首相の思いに呼応するように、フィリピン側も生存が約800羽とされる国鳥「フィリピンワシ」への命名式を用意。首相は両国の交流の象徴として「Sakura(桜)」と名付けた。

 わずか3回の会談で両首脳の関係構築が進んだのには伏線があった。

 昨年10月に首相官邸で開かれた首相とドゥテルテ氏との少人数会談。首相はドゥテルテ氏が欧米の「上から目線」を忌み嫌っていることを念頭に「教師みたいな言い方はしない。あくまで対等な友人として話す」と話を切り出した。

 「私の祖父(岸信介元首相)はGHQ(連合国軍総司令部)に戦犯として逮捕され3年間拘置された」

 これを聞いたドゥテルテ氏は「わが意を得たり」とばかりに米国批判をまくし立てたが、一段落したところで首相はこう言った。

 「だが、日米安保条約を改定したのは私の祖父だ。私心ではなく国民と国益を考えたからだ」。ドゥテルテ氏は神妙な面持ちで聞き入っていたという。

 ドゥテルテ氏は会談後、「暴言はやめる」と宣言した。だが、米国批判はその後も絶えず、一方で中国重視の発言が相次いだ。南シナ海問題では中国と対立するが、経済協力を念頭に接近も図るしたたかさだ。

 首相が今回、ドゥテルテ氏の地元を訪問したのは、南シナ海問題は東シナ海問題に通底し、日本をめぐる安全保障環境が悪化すれば、日本の対フィリピン支援にも影響することを伝える狙いがあったとされる。

 個性的な首脳との信頼関係構築は首相の得意とするところ。20日にはトランプ次期米大統領が就任する。昨年11月の米大統領選当選直後、世界に先駆けて会談した強みもある。首相には悪化した米比関係の「橋渡し役」になることも期待される。

(ダバオ 酒井充)