東京都の小池百合子知事は13日の会見で、都知事選出馬の際に自民党に提出した進退伺に対し都連の下村博文会長が「(進退伺の)引き継ぎもなく対処もしない」として対応を先送りしていることについて、「組織政党としてどうかなと思う。意思表明はすでにしている」と批判した。

 さらに現在、自民党に党費を払っていないことを認めた上で「払う理由があまりない。知事選で推薦もせずあれだけ罵倒されたので、また支払うのもどうかと思う」と不信感をあらわにした。

 一方、都議会の自民会派を離脱して新会派「新風自民党」の設立を表明し、小池氏との連携に前向きな姿勢を示しつつ、自民党公認で都議選に出馬する都議3人に対しては、「有権者にとっては分かりにくい」と指摘。今後の連携について「いろいろと状況をみながら決めていきたいと思う」と慎重な姿勢を示した。