安倍晋三首相とドイツのメルケル首相との20日昼(日本時間同日夜)の首脳会談と共同記者会見の要旨は次の通り。

 【自由貿易】

 両首脳 公正な自由貿易の重要性を確認。日本と欧州が米国と自由貿易推進で連携していくべきだとの考えで一致。

 安倍首相 日欧は米国と協力して自由貿易の旗を高く掲げなければならない。

 メルケル氏 日本と欧州連合(EU)の協力推進を確認した。

 【日EU関係】

 両首脳 日EU経済連携協定(EPA)の早期の大枠合意に向け、引き続き連携していくことを申し合わせた。

 【トランプ米大統領】

 メルケル氏 トランプ氏についてよい議論を行った。話し合いを続けることが重要だ。

 【対北朝鮮】

 両首脳 北朝鮮が新たな段階の脅威になったとの認識を共有する。拉致問題の解決のために協力していくことで完全に一致。

 【国際情勢】

 安倍首相 東・南シナ海で海洋進出を強める中国への懸念を改めて伝達した。

 両首脳 ウクライナ情勢を含め、法の支配が重要で一方的な現状変更の試みに反対するとの認識で一致。英国によるEU離脱についても議論。

 メルケル氏 ウクライナ問題でミンスク合意を実施していく。そうでなければ制裁を続行する。

(ハノーバー 石鍋圭)