女優、綾瀬はるか(31)が14日、東京都内で行われた主演映画「本能寺ホテル」(鈴木雅之監督)の初日舞台あいさつに、W主演の堤真一(52)ら共演陣と出席した。

 艶やかな着物姿で登壇すると、「う、うれしいです。お正月気分を引きずった感じで」とニッコリ。真夏に行われた撮影の思い出には、「一瞬でアブやブヨに脚を8カ所刺されてボコボコになった」と告白。かきすぎて脚が血だらけになったそうで、「人生で一番かゆかった」と苦笑いした。

 共演陣はそんな綾瀬の“天然ぶり”が一番の思い出だった様子。近藤正臣(74)が、カチカチにかたまったみたらし団子を「ホテルでチンして食べてください」ともらったことを明かせば、風間杜夫(67)は「女優らしからぬ言葉を口走る。楽屋で『おなかが痛い。“水”みたいなんです』と言っていた」と暴露し、綾瀬を赤面させた。

 同作は、戦国時代にタイムスリップしたヒロインと織田信長(堤)の交流を描いた物語。「もし戦国武将だったら誰が天下統一できるか」というお題で綾瀬が優勝すると、堤が「オレはイヤ。こんなすっとこどっこいじゃたまらない」と本気?でツッコミ笑わせた。