お笑いコンビ、ホンジャマカの石塚英彦(54)が22日、東京都内で行われた太めの男性向けファッションショー「東京ポッチャリコレクション」で司会を務めた。

 体重110キロの石塚が仕切る異色のファッションショーには、モデルとして115キロのTKO・木下隆行(44)、108キロの芋洗坂係長(48)、91キロのX−GUN・西尾季隆(46)のおデブ芸人たちがモデルとして登場。石塚は「こんなにかっこいいデブがいたんだ」と感嘆し、芋洗坂係長は「デブが報われた!」とまさかのランウェイデビューに大はしゃぎした。

 ファッションモデルがショーに出演するのにはダイエットがつきものだが、ポッチャリにそれは無用で、西尾は「健康のために一度ダイエットしていたんですけど、このために太りました。力士みたいに食べまくりました」とニンマリ。石塚は「僕らを見るお客さんの目が温かいよね。『ひざ、大丈夫?』って言ってくれているような気がした」と喜んでいた。