(パ・リーグ、ソフトバンク2−5日本ハム、25回戦、日本ハム15勝9敗1分、22日、ヤフオクD)日本ハムは22日、ソフトバンク最終戦(ヤフオクドーム)に5−2で勝利し、直接対決に2連勝。136試合目で4年ぶりの優勝へのマジックナンバー「6」が今季初点灯した。

 “ON砲”の強力タッグが、試合を決める一打を生んだ。七回、大谷が右前打で出塁すると、続く中田が右翼ホームランテラスへ25号2ラン。9日の楽天戦(コボスタ宮城)以来10試合ぶりの一発を放った“兄貴分”がベンチに戻ると、大谷は思わず両肩をモミモミ。強い絆を再確認した中田は「いい形で翔平が回してくれた。後ろにつなげようという気持ちだった」と笑った。九回にも中前打を放つなど、すっかり調子を取り戻した。