(セ・リーグ、巨人−DeNA、24回戦、23日、東京D)巨人・坂本勇人内野手(27)が、通算150号となる23号ソロ本塁打を放ち、先制点を挙げた。

 坂本は一回二死走者なしから打席に立つと石田の初球、139キロのストレートをフルスイング。高く上がった打球はレフトスタンドへ飛び込んだ。

 坂本にとって9試合ぶりとなる本塁打は、通算150本目。

 巨人は2位を争うDeNAとの直接対決で、主将の坂本の一発で先制した。