J1C大阪が13日、早朝午前6時50分から始まる3部練習をスタートさせた。尹晶煥(ユン・ジョンファン)新監督(43)の指導の下、初日の遅刻者はゼロ。桜軍団が生まれ変わる第一歩を踏み出した。

 「選手たちはみんな気持ちよく出てきてくれた。ありがたい」

 指揮官が意気揚々と20分早くグラウンドに姿を見せると、すでに日本代表MF山口ら数名が体を動かし、はりきっていた。朝練は約30分の体幹トレーニングや体操で終了したが、午前練はボールなしでペース走を約1時間、午後は8対8の対人トレーニングなどで約1時間半、みっちりと練習した。

 午前5時に起床したFW杉本は「目覚まし3つかけましたよ。鳴らなかったら怖くて…」と苦笑い。「いい人がいれば、すぐにでも結婚したいですよ」とパートナーの必要性を痛感していた。(大石豊佳)