日本野球機構(NPB)は23日、「マツダオールスターゲーム2016」の出場選手、監督、コーチらによる直筆サイン入りユニホーム(全68人分)のチャリティーで、総額1785万4140円の寄付金が集まったと発表した。このうち最も高額で落札されたのは広島・新井貴浩内野手のユニホームで過去最高となる291万1000円、2位は日本ハム・大谷翔平投手の118万3000円。

 また熊本県のPRキャラクター「くまモン」とコラボレーションした限定ピンバッジの寄付金総額は159万7320円と発表された。

 寄付金はいずれも、東日本大震災や熊本地震の被災地支援に贈られる。