2年目を迎えた“左のライアン”ことヤクルト・高橋が13日、今季初のブルペン入り。捕手を立たせたまま30球を投げた。昨季は左肩痛もあり、イースタン・リーグで1試合に登板したのみ。同じ左腕のD1位・寺島(履正社高)とは同じ関西出身で仲が良く、サッカーゲームで勝負し合っているという。「2年目なので、先に1軍に出るという気持ちでやりたい」と意気込んだ。 (戸田)