リオデジャネイロ五輪の競泳男子800メートルリレーで銅メダルに輝き、12日に引退を発表した松田丈志(32)=セガサミー=が23日、結婚したことを発表した。

 松田はマネジメント会社を通じて送信したファクスで「本日入籍したことをご報告させて頂きます」と結婚を報告。相手は東京都内在住の会社員女性で17歳の時に知り合い、約2年半の交際を経て6月にプロポーズしたという。相手について松田は自筆のファクスで、「彼女の笑顔と家族思いな所に惹かれ交際に至り、交際中も競技に忙しく、限られた時間ではありましたが、彼女と過ごす時間は私にとって1番の癒しとなりました」と説明している。

 日程は未定だが挙式、披露宴も行う予定で、松田を28年間に渡って指導してきた久世由美子コーチ夫妻が仲人を務める。最後に松田は「心を許せるパートナーと共に、新たな人生をスタートできる事を幸せに思います」と喜びを表した。

 松田は2008年北京五輪で200メートルバタフライで銅、12年ロンドン五輪でも200メートルバタフライ銅、同400メートルメドレーリレーで銀、16年リオ五輪では800メートル自由形リレーで銅メダルを獲得。今月に行われていた国体に出場後、12日に引退会見を行っていた。