阪神・福原忍投手(39)が今季限りで現役を引退することが明らかになった。23日にも会見が行われる。

 福原は1999年に東洋大からドラフト3位で入団。2度のリーグ優勝に貢献し、中継ぎ転向後は2011年から5年連続50試合登板と安定した投球をみせた。しかし、今季は春季キャンプ終盤に足を痛めるなどアクシデントに見舞われ、1軍登板はわずか8試合のみ。4月20日に抹消されてからは2軍生活が続いていた。

 今季最終戦となる10月1日の巨人戦(甲子園)が引退セレモニーとなる予定。