サッカー中学年代の岡山県王者を争う「2016山陽新聞カップ第25回岡山県ユース(U—15)選手権大会」(県サッカー協会、山陽新聞社主催)最終日は22日、岡山市のシティライトスタジアムで決勝と3位決定戦が行われ、決勝はJフィールド津山がファジアーノ岡山を3—1で下し、初優勝を飾った。 Jフィールド津山は前半6分、MF豊田が先制ゴールを決めると、2分後にはMF岩野のシュートで2点目。さらに後半10分にはMF杉山が貴重な追加点を奪った。ファジアーノ岡山は終了間際にMF流羽のゴールで一矢報いたが、及ばなかった。 3位決定戦はサウーディが0—0からのPK戦の末、総社東中を破った。フィールド内外でのマナーの良さをたたえるフェアプレー賞はファジアーノ岡山が受賞した。 ▽決勝Jフィールド津山3—1ファジアーノ岡山▽3位決定戦サウーディ0—0総社東中(PK5−4)