サッカーの天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)第5日は22日、各地で3回戦12試合があった。J2ファジアーノ岡山はカシマスタジアム(茨城県鹿嶋市)でJ1鹿島に1—2で逆転負けし、初の16強入りはならなかった。J1勢で年間順位1位の川崎は、J2千葉を延長の末、4—1で退けた。横浜M、神戸、大宮、鳥栖なども勝ち進み、J2清水と横浜FCも勝った。 4回戦は11月9、12日に開催。アジア・チャンピオンズリーグ出場の広島、G大阪、浦和、FC東京が加わり、10月4日に組み合わせ抽選が実施される。▽3回戦鹿島(J1)2—1岡山(J2)前半0—1後半2—0 【評】ファジアーノ岡山は逆転負け。1—1の後半43分、MF田中のクリアがオウンゴールとなり、これが決勝点。風上に立った前半22分にFW藤本が先制点を奪うなどペースを握ったが、後半15分にミドルシュートで追い付かれた後は押し込まれた。徐々にミスが目立ち、簡単にボールを失う場面が増えたのはもったいなかった。 鹿島はセンターバックが不安定で再三ピンチを招いた。内容が悪くても最後にひっくり返す力はさすがだ。