倉敷市議選(15日告示、22日投票)を控え、市選管は13日、立候補の届け出時に各陣営に手渡す「七つ道具」の点検、準備作業を市役所で行った。 七つ道具は公選法が定める選挙活動に必要な資材で、選挙カーに掲示する表示板、街頭演説で立候補者が着ける腕章など。 この日、職員2人が七つ道具を机に並べ、数に誤りがないか、誤字・脱字がないか1点ずつチェックした。 市議選への立候補の受け付けは15日午前8時半〜午後5時、市役所で行われる。定数43に対し、現職と新人の計51人が出馬を予定している。