大学入試センター試験が行われる14、15日、岡山県内は強い冬型の気圧配置となり、北部では大雪、沿岸部でも積雪の恐れがある。 岡山地方気象台によると、中国地方の上空に今季一番の強い寒気が流れ込む。北部では両日とも断続的に雪が降り、南部でも14日夜には雪となる見込み。 14日夕までの24時間予想降雪量はいずれも多い所で北部の平地10センチ、南部5センチ。さらに北部では15日夕までの24時間に最大20〜40センチの降雪が予想されている。朝の最低気温は15日に南部で氷点下2度、北部で同3度まで下がりそうだ。 大雪に備え、JR西日本岡山支社は14日の日中から姫新線新見—佐用間、因美線津山—智頭間などで遅れや運転取りやめの可能性があるとして、運行情報に注意するよう呼び掛けている。運休の場合、代行輸送はしない。 大学入試センターは試験会場となる各大学に対し、気象情報を収集したり、関係者の確実な出勤など実施体制を整備したりするよう緊急連絡した。受験生には時間に余裕を持って会場へ向かうようホームページで求めた。