岡山県教委は13日、2018年度の教員採用試験の概要を発表した。採用人数などは4月に公表する。 募集するのは、小中高、特別支援学校の教諭と養護教諭、栄養教諭。小学校の理数枠、英語枠のほか、採用後10年以上、津山、新見市など12市町村の学校に勤務することが条件の地域枠を継続する。 英語に関する特別選考では、英語を母語とし、国内の学校で3年以上の指導経験がある人を対象にした枠を新設した。 筆記と面接の1次試験は、県内会場が7月8、9、15、16日。県外在住者が対象の香川会場(小学校、特別支援学校教諭のみ)は同8、9日。2次試験は集団で課題解決を試みるグループワークや模擬授業などで、8月19〜23日に行う。 問い合わせは県教委教職員課(086—226—7915)。